地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、荒尾・玉名・山鹿の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

荒尾・玉名・山鹿の地域情報サイト「まいぷれ」荒尾・玉名・山鹿

荒尾・玉名・山鹿(荒尾市・玉名市・山鹿市・玉東町・南関町・長洲町・和水町)エリア選択

※このイベントは終了しました。

八千代座こども歌舞伎 山鹿灯篭まつり特別公演

八千代座こども歌舞伎 山鹿灯篭まつり特別公演
8月15日(水)『こども歌舞伎』を特別公演致します。

▼今まで歌舞伎を見たことがない!
▼見てみたいけれど難しそう・・・
ご安心を!
初めてでも楽しめる内容となっており、
目の前で繰り広げられる子どもたちの大人顔負けの舞台は圧巻です。

当日、九州屈指のお祭り『山鹿灯篭まつり』が開催。
県外からの観光も多くみられる日に、合わせてこどもたちの迫力ある演技を見においでください!

【演目】

一、口上
一、白浪五人男
(あらすじ)

白波五人男とは、日本駄衛門をボスに、弁天小僧菊之輔、忠信利平、赤星十三郎、南郷力丸の五人のこと。
 ある日のこと、弁天小僧菊之輔は武家の娘に変装し、同じく侍に変装した兄貴分の南郷力丸をしたがえて、浜松屋という呉服店に出向き、なんくせをつけてゆすりはじめます。
 ところが、そこに居合わせた侍に正体を見破られ、開き直って言うセリフが「知らざぁ言ってきかせやしょう。浜の真砂と五右衛門が、歌に残した盗人の、種はつきねぇ七里ヶ浜・・・・。」という有名なセリフ。
 正体を見破った侍というのが実は、日本駄衛門で、店の店主を油断させておいて、あり金残さずごっそりいただこうという手口。ところが店の店主の覚えにより、なんと、弁天小僧はこの店の実の子であることが分かり、さらには、現在の浜松屋の養子には日本駄衛門の実の子であることが分かって、結局何の盗らずに去っていくという、歌舞伎ならではの話です。
カテゴリ伝統芸能、大衆芸能
開催日2018年8月15日(水)
14:00~16:00(2回公演)
開催場所国指定重要文化財 八千代座
熊本県山鹿市山鹿1499
料金入場無料
イベントの公式URL(PC)https://yamaga.site/?page_id=2
お問い合わせ先八千代座
TEL:0968-44-4004
近くのグルメ